うなぎ×サステナブルシーフード=うなブル

はじめに

研究動機・仮説

「うなぎの漁獲量が減少している」最近ニュースでこのような報道がされています。うなぎは古くから日本人に親しまれてきました。しかし乱獲により漁獲量が減少し、今伝統的な日本の食文化の存続が危ぶまれています。
私たちは、乱獲問題は獲っている側だけでなく消費者側にも問題があると考えました。つまり高校生である私たちも何か取り組む事ができるのではないかということです。

そして辿り着いたのが「サステナブルシーフード」という考え方です。これは限りある海洋資源をサステナブル(sustainable)、持続可能にしていく、つまり環境に負荷をかけずに漁業をすすめていく活動です。2015年9月に国連サミットで国連加盟国193か国が2030年までの達成目標として採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」の14番目には「海の豊かさを守ろう」とあり、先進国・発展途上国関係なく海洋資源に関する問題解決が掲げられています。

サステナブルシーフードの考え方・取り組みによって消費者の購入時意識改革が期待でき、環境に配慮した買い物が増え、今回の問題解決となるのではないかと仮説を立てました。また、日本人がうなぎを多く消費し過ぎてしまっている現状もあります。そこで最近注目されているイミテーションうなぎ(うなぎに似せて魚のすり身などで作られた食品)がこのうなぎ漁獲量減少問題の解決へと繋がるのではないかという仮説も立てました。
今回はそれらの検証も含めうなぎ漁獲量減少の問題解決を取り組みました。

SDGs17目標ロゴ SDGs海の豊かさロゴ
国際連合広報センターより
次のページ→サイトの流れ

全国中学高校WEBコンテスト第20回全国中学高校WEBコンテスト参加作品
アクセスカウンター